宇城地域は海に面した地域から山間地と、東西にかけて変化に富んだ自然に恵まれた地域です。

こうした自然と気候風土の中で、長年育まれてきた特産品が数多くあります。

宇土市

御輿来イカ(甲イカ)

表面に紋のような模様があるのが特徴で、甘味があり、コリコリとした歯ごたえは抜群。

1月~4月頃が旬。

ネーブル

ビタミン・ミネラルが豊富で、果肉はとても甘く、かつては宮内庁の献上品でした。

マテ貝・あさり

長浜から網田にかけての干潟マテ貝。住吉から長浜の干潟で獲れるあさり貝。ともに有明海の名産として有名です。

海苔

宇土半島北岸では、ビタミン・ミネラルが豊富な海苔養殖が盛んに行われています。

うと餅・子柚餅

宇土市の名物菓子で、一口サイズの小餅。生地が柔らかく、中の餡も口当たりのいい甘さ。

宇城市

デコポン

「清見」と「ポンカン」の交配で作られた品種で、その名が示すとおり宇城市不知火町が発祥。糖度が高くて食味が良い一品です。

洋蘭

美しく気品ある「洋蘭」は、宇城地域でも特に温暖な三角町の戸馳島で古くから栽培が盛んです。

コノシロ

冬が旬で、宇城市の漁獲量第1位。旬の時期には宇城市内の各店舗でコノシロメニューを提供しています(うきうきコノシロ街道)。

白玉粉

肥後白玉粉は、明治30年頃に大阪からその製法が伝わったといわれ、小川町で白玉粉づくりが急速に普及しました。

美里市

シクラメン

県下一の生産高を誇り、花の少ない冬期に多くの花を咲かせます。

美里米

山からの清らかな水と棚田で育った低農薬のお米。一部では昔ながらのかけ干しもされています。

アスパラガス

鮮やかな緑色でみずみずしい歯ごたえ。2~3月が旬。

美里かぼちゃ

栗を思わせるホクホク感のある甘みたっぷりのかぼちゃ。

太秋柿

糖度が高く、ナシのようにシャリシャリとした食感が特徴。種が少なく果汁が多く、これまでの柿とは違う新しい味が人気。